【東京新馬戦】サクラトゥジュールV高評価「ポジション取り、キュッとした脚、競馬が上手」

[ 2019年10月7日 05:30 ]

 東京5R(芝2000メートル)石橋騎乗の2番人気サクラトゥジュール(牡=堀、父ネオユニヴァース)が初陣V。中団の外から徐々にポジションを上げ、直線は内で粘るロードソリッドを競り落とした。石橋は「ペースが落ち着いたので、元々ちょっと前向き過ぎるところがあるから抑え込むより少しずつポジションを取って行かせた。最後もキュッとした脚を使ったし、競馬が上手」と高評価した。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月7日のニュース