【六社S】“絶対王者”オジュウ10着 上がり勝負対応できず 今後未定

[ 2019年10月7日 05:30 ]

レースを制したアフリカンゴールド(右から2頭目)、10着のオジュウチョウサン(右から5頭目)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 東京9R・六社Sで再び平地に挑戦した障害界の絶対王者オジュウチョウサン(牡8=和田正)は、2番手から直線で失速し、10着に敗れた。オジュウと平地初コンビの石神は「前々で運ぼうかとは思っていたが、ペースが落ち着いてしまった。上がり勝負になると厳しかった」と唇をかんだ。和田正師は「馬の状態を見て、オーナーと話して次に向かいたい」と語るにとどめ、今後、平地・障害のどちらに向かうかについては明言を避けた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月7日のニュース