【京都大賞典】戦い終えて

[ 2019年10月7日 05:30 ]

 ▼2着ダンビュライト(松若)みんなけん制し合って誰も行かなかったので、押し出される感じでハナへ。道中は凄くいい雰囲気、いいリズムで運べました。

 ▼3着シルヴァンシャー(浜中)前残りの競馬でよく頑張った。

 ▼4着ノーブルマーズ(高倉)もっと前に行きたかったけど、最低限のポジションでは運べた。

 ▼5着エタリオウ(横山典)休み明けの分なのか…やたらおとなしいんだよね。負け方が良くない。もう少し動いてくれないと。

 ▼6着グローリーヴェイズ(M・デムーロ)最初の1000メートルまで(ハミを)かんで、向正面で落ち着いた。直線を向いて内から外に張り出す馬がいて…。こっちはワンペースのタイプなので影響はありました。

 ▼12着エアウィンザー(三浦)理想的なポジション。ブランクもあり3角からバランスが良くなくて。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月7日のニュース