【盛岡・ダービーGP】レジェンド重賞2勝目 岡部「スタートが抜群」

[ 2019年10月7日 05:30 ]

 3歳交流重賞「第32回ダービーグランプリ」が盛岡で行われ、道営のリンノレジェンド(牡=林和弘)が逃げ切り、黒潮盃に続く重賞2勝目を挙げた。「3歳秋のチャンピオンシップ」で黒潮盃と合わせ最上級格のレースを2勝したことで1着賞金1000万円に加え、ボーナス1000万円も獲得した。岡部は「スタートが抜群だったのでハナへ。前回よりもパワーアップしていた。断然の1番人気で緊張したが応えられて良かった」と笑顔だった。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月7日のニュース