【平和島・トーキョー・ベイC】古賀、良機得て価値ある2着「今節も頑張りたい」

[ 2019年10月7日 05:30 ]

4、9Rに出走する古賀
Photo By スポニチ

 古賀が価値あるポイントを挙げた。6号艇の初日7R、バック4番手から2Mで内を好旋回。一気に2番手へ浮上すると、追いすがる茅原を2周1Mで突き放し2着に入った。「伸びで目立つことはないが出足がいい」と連対率50%超えの46号機のパワーを引き出した。前節江戸川周年では優出6着と健闘。「せっかくいいエンジンを引いたし今節も頑張りたい」と気合十分だ。2日目は4、9R。機力と勢いを武器に歴戦のSG覇者に挑む。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月7日のニュース