【セントライト記念】戦い終えて

[ 2019年9月17日 05:30 ]

 ▼4着ルヴォルグ(ルメール)直線は一瞬勝つと思ったくらい。残り150メートルで疲れてしまったが、このメンバーなら満足していい内容。

 ▼6着タガノディアマンテ(田辺)道中はいいリズムだったが、これから動きたいという場面で反応が鈍かった。

 ▼7着サトノラディウス(三浦)休み明けで道悪も得意ではない中、狭いところを割ってきた。良馬場ならもっとやれる。

 ▼8着エターナルヴィテス(田中勝)思った通りの競馬はできた。現状の力は出し切った。

 ▼9着ナイママ(柴田大)体も成長していたし上位と差のないところまで来ている。まだまだ成長するはず。

 ▼10着アトミックフォース(大野)ハナに行く予定ではなかった。もう少しリラックスして競馬できれば。

 ▼11着メイショウテンゲン(池添)ゲートを春より出なくなっている。ジリジリ伸びているので普通に出てくれれば。

 ▼12着ミューチャリー(御神本)初めての芝に戸惑うことなく走っていた。もう少しついて行けると良かったが…。

 ▼14着オセアグレイト(野中)状態は良かったが4角で余力がなかった。

 ▼15着ランフォザローゼス(福永)チークが効いて楽に競馬できたが、手応えの割に踏ん張れなかった。

 ▼16着エングレーバー(藤岡佑)4角で不利も受けたが手応えもなかった。もう少し距離が短い方がいい。

 ▼17着モズベッロ(M・デムーロ)耳を絞って嫌がっていた。期待していたが、今日は馬にやる気がなかった。

 ▼18着マテリアルワールド(木幡育)ハナが理想だったがしたい競馬ができなかった。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年9月17日のニュース