【オールカマー】レイデオロ順調!藤沢和師「休ませて気持ちもフレッシュ」

[ 2019年9月17日 05:30 ]

 今週も東西で注目の重賞が行われる。中山メインは天皇賞・秋を見据えるG2「オールカマー」。連覇を狙う一昨年のダービー馬レイデオロ、今春の香港で国際G1馬となったウインブライトなど強豪がズラリ。阪神では菊花賞TR、G2「神戸新聞杯」。皐月賞馬サートゥルナーリアが秋始動戦を迎える。

 オールカマー組の主役はレイデオロ。昨年はこのレースをステップに天皇賞・秋を制し、JRA賞最優秀4歳以上牡馬に輝いた。今年は2戦して未勝利だけに大事な一戦だ。11日の1週前追い切りは五十嵐雄を背に、同じくオールカマー出走予定の僚馬ゴーフォザサミットとWコースで併せ馬。0秒6追走し、馬なりのまま楽な手応えで併入。5F68秒6~1F12秒1(やや重)をマークした。藤沢和師は「休ませて気持ちもフレッシュだし、順調にきている。動き自体はいい」とにっこり。調整は順調に進んでいる。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年9月17日のニュース