【松阪・共同通信社杯】戦い終えて

[ 2019年9月17日 05:30 ]

 ▼佐藤慎太郎(2着)ホームで渡辺が行くかとかいろいろ考えて準備をしすぎました。準決勝に比べて脚に余裕がなかった。

 ▼平原康多(3着)追いかけて踏んでいったが稲川のブロックで体勢が崩れた。落車後にしてはよくやった方だと思います。

 ▼渡辺一成(4着)すんなりの展開すぎた。最後はブロックで失速した。

 ▼柴崎 淳(5着)もっと前にいられれば良かった。一発に懸けたが…。スピード的に苦しいところはなかった。

 ▼金子貴志(6着)前団はゴチャついているかと思ったが早く一本棒になってしまった。

 ▼稲川 翔(7着)すべて想定内だったが、みんながそれ以上に強かった。いい雰囲気でレースはできた。

 ▼諸橋 愛(9着)自分の判断が悪かった。残りのレースで頑張るだけです。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年9月17日のニュース