【阪神新馬戦】ライティアV!早くも来春見据え「桜花賞には430キロ台で出したい」

[ 2019年9月17日 05:30 ]

 阪神5R新馬戦(芝1600メートル)は16年オークス馬シンハライトの全妹ライティア(牝=石坂正、父ディープインパクト)が後方追走から豪快に差し切り、単勝1・4倍の圧倒的人気に応えた。北村友は「能力が高いのは分かっていた。外を回して大丈夫だと思った」と涼しい顔。石坂正師は「姉に比べるとこちらの方が穏やか。(418キロと)馬体は小ぶりだけど桜花賞には430キロ台で出したい」と早くも来春を見据えた。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年9月17日のニュース