【桜花賞】藤沢和厩舎2頭出し 余力十分でシェーンも強いぞ

[ 2019年4月4日 05:30 ]

併せで追い切ったシェーングランツ(左奥)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 対照的にシェーングランツは同じWコースでも、マリームーン(4歳オープン)を2馬身後ろから追いかける形。5F69秒1~1F13秒1(馬なり)。内に入り、余力十分に体を並べてゴール。17年オークス馬ソウルスターリングの半妹。

 藤沢和師は「姉と違って気負わない子。クラシックに強い血統。チューリップ賞(5着)を使って良くなったし、しまいの脚を生かせれば」と期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年4月4日のニュース