【桜花賞】クロノジェネシス、ラスト切れ切れ11秒9

[ 2019年4月4日 05:30 ]

メジャーレートに先行するクロノジェネシス(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 クイーンC優勝馬クロノジェネシスは北村友を背にCWコースで6F86秒4、ラスト1Fは11秒9。タイムが示す通り薄味だが、裏返せばすでに先週の時点で仕上がっていると判断していい。北村友は「前走までは非力という感じだった。体重こそ変わらないが今回はしっかりしてきた印象」と感触がいい。過去4戦して先着を許したのはダノンファンタジーのみ。「阪神JF2着のリベンジを果たしたい」。大阪杯で初G1を手中にした主戦は力を込めた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年4月4日のニュース