【桜花賞】アクアミラビリス、吉村師動き好感触

[ 2019年4月4日 05:30 ]

坂路で併せ馬で追い切るアクアミラビリス(左)
Photo By 提供写真

 エルフィンS勝ちのアクアミラビリスは坂路で4F53秒1~1F12秒3をマーク。吉村師は「反応を確認する程度。落ち着いていたし動きも良かった」と好感触。16年エリザベス女王杯を制した姉クイーンズリングは桜花賞4着。陣営は姉以上の走りを期待する。「似ているところもあるが使った後のケアは、こちらの方がスムーズ。世代トップの力は持っている」と意気込んだ。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年4月4日のニュース