【桜花賞】アレグリア怖さ倍増!ルメール戦闘モード

[ 2019年4月4日 05:30 ]

併せで追い切ったグランアレグリア(左手前)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 【隠れ話 こぼれ話】アーモンドアイでドバイターフを完勝し、栗東へと“凱旋”したルメール。「おめでとう!」「強いね!」との声が飛び、握手攻めに遭った。笑みを浮かべたルメールだが喜びは一瞬だけ。桜花賞のメンバー表に目をやりながらグランアレグリアについてコメントする様子は完全に戦闘モードだ。

 「休み明けだし、メンバーもメチャクチャ強いですね」。まずは正直な気持ちを吐露した。ただ、こう話す時のルメールには要注意。昨年秋、G14連勝を決めた時も菊花賞・フィエールマンは7番人気。JBCスプリントのグレイスフルリープは4番人気だった。欲を制し、思い切って乗った時、ルメールの怖さは倍増する。「前走は包まれて嫌がっている感じだった。そういう経験があまりなくてビックリしている感じ。前に馬がいれば、もっとリラックスできるし、いい瞬発力が使えると思います」。イメージは出来上がっている。桜花賞連覇に挑む資格を持つ騎手はルメールだけ。前向きな心でレースに向かう。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年4月4日のニュース