【ホープフルS】ミッキーブラック、中身のある稽古

[ 2018年12月26日 05:30 ]

坂路で併せ馬で追い切るミッキーブラック(左)
Photo By 提供写真

 京都2歳S4着からの巻き返しを図るミッキーブラックは坂路でクリソライト(8歳オープン)と併せ馬。大先輩に食い下がったが首差遅れ。4F52秒5〜1F13秒1だった。平井助手は「追えばもっと時計は詰まっていたはず。中身のある稽古だった」と感触は上々。「前走はスタート後、仕掛けて位置を取りにいったら力んでしまった。長く脚を使えるタイプ。前半はリズム重視で途中から動いていけたら」とイメージしていた。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2018年12月26日のニュース