【ホープフルS】田中博師、開業10カ月で“最年少V”へ

[ 2018年12月26日 05:30 ]

コスモカレンドゥラを管理する田中博康師(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 【隠れ話 こぼれ話】コスモカレンドゥラを管理する田中博師は騎手時代にフランスで武者修行。凱旋門賞7勝のA・ファーブル厩舎でスタッフとして働き、技術調教師になってからも7カ国を巡った。今年3月1日に開業。当然、いつかは凱旋門賞へ。「僕を信じて付いてきてくれるスタッフがいるから成績に結びついている。凄くいいチーム。理想に近づいている」。33歳の現役最年少トレーナーは照れ笑いを浮かべた。

 開業10カ月で13勝。「形になってきたところでG1初挑戦。いいんじゃないですか」と頼もしい口ぶり。レース当日は33歳23日。Vならグレード制を導入した84年以降で3番目、日本人に限れば最年少G1制覇となる。騎手時代は09年エリザベス女王杯を11番人気のクィーンスプマンテで逃げ切りG1初V。調教師でも大仕事をやってのけるか。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2018年12月26日のニュース