【ジャパンC1週前追い】サトノクラウン、強めに追われるも…

[ 2018年11月16日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るサトノクラウン(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 16年香港ヴァーズ、17年宝塚記念に続く3度目のG1制覇を狙うサトノクラウン(牡6=堀)はWコース単走。強めに追われたが動きはやや重かった。森助手は「あまり(調教を)やり過ぎると良くないタイプ」と前置きし「1週前としては控えめな内容。気持ちも体も馬に合わせた調整」と説明した。馬体重は輸送で減ることを考慮して510キロと太め。「週末、来週で整えていければ」と見通しを語った。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2018年11月16日のニュース