【ヴィクトリアM】ジュールポレール、坂路でしっかり動いた

[ 2018年5月10日 05:30 ]

坂路で単走で追い切りするジュールポレール
Photo By 提供写真

 ジュールポレールは坂路でしっかりと動かされて、4F51秒3〜1F12秒3の好時計を叩き出した。西園師は「さすがオープン馬の動きだね」と絶賛。昨年は0秒2差の3着だったが、調整過程は今年の方が上。「当時は脚元を気にしながらの調整だったけど、今はしっかりしているから攻められる。背丈が伸びて成長しているし、何とかリベンジしたいね」と意気込んだ。兄サダムパテックに続くマイルG1制覇へ、期待は高まるばかりだ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年5月10日のニュース