【ヴィクトリアM】レーヌミノル、満足のCW単走1F12秒2

[ 2018年5月10日 05:30 ]

CWコースで反応を確かめられたレーヌミノル
Photo By 提供写真

 レーヌミノルがG1を勝っているマイル戦で復活を目指す。最終追いはCW単走で最後だけ促され、6F84秒9〜1F12秒2。本田師は「叩き3走目で動きは良くなっている」と満足そうだ。「1200メートルで無理な競馬をしてきたわけじゃないし、マイルに戻ることは心配していない。ここを一番の目標にやってきたし、牝馬相手だからね」と上位進出に手応え十分だった。

続きを表示

「AJCC(G2)」特集記事

「東海S(G2)」特集記事

2018年5月10日のニュース