【東京新馬戦】ベルローズ 鼻差激戦制す、福永「いい瞬発力」

[ 2017年11月19日 05:30 ]

福永を背に東京6R新馬戦を制したレッドベルローズ(手前)
Photo By スポニチ

 東京6R新馬戦(芝1600メートル、牝馬限定)は、3番人気レッドベルローズ(牝=鹿戸、父ディープインパクト)が先に抜け出した1番人気エルディアマンテとの一騎打ちを鼻差制した。福永は「いい瞬発力がある。将来が楽しみ」と称賛。鹿戸師は「能力があるのは分かっていた」と笑みを浮かべていた。次走は未定。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年11月19日のニュース