【細原・騎手で獲る 特別編】19日京都5R 将来性高いフランツ初戦から全開

[ 2017年11月19日 08:00 ]

 来年の3歳クラシックを占う東スポ杯2歳Sはワグネリアンが3連勝でV。道中は後方でじっくり脚をためると、直線は持ったままの手応えで抜け出す圧巻の内容だった。父ディープインパクトをほうふつとさせる瞬発力に、祖母ブロードアピール譲りの力強いフットワーク。悪条件も苦にしない堅実なパフォーマンスで、将来性はかなり高い。今回はダービーを見据えての東京参戦。来年の活躍が楽しみだ。

 こちらも素質豊かな1頭。京都5R新馬戦(芝2000メートル)の◎フランツ。母ロベルトから祖母グレースアドマイヤにさかのぼる音無厩舎ゆかりの血統。伯父に皐月賞馬ヴィクトリーや、近親に今年青葉賞を快勝しダービーで1番人気を集めたアドミラブルがいる“クラシック血統”だ。生野助手は「入厩当初はヤンチャな面があったが、稽古を重ねて落ち着きが出てきた。稽古も動いていたし初戦から楽しみ」と好感触だった。人気は承知でいきなりから。馬券は3連単1着固定。相手はリュヌルージュ、クリノアリエル、ヒロシゲセブン、イサミアシ。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年11月19日のニュース