【マイルCS】M・デムーロ「絶好調」 またまた“神騎乗”で記録ずくめのV

[ 2017年11月19日 16:07 ]

<京都11R・マイルCS>両手を掲げてペルシアンナイトをねぎらうM・デムーロ
Photo By スポニチ

 秋のマイル王を決める「第34回マイルCS」(G1、芝1600メートル)が19日、京都競馬場11Rで行われ、M・デムーロ騎手騎乗の4番人気ペルシアンナイト(牡3=池江厩舎、父ハービンジャー、母オリエントチャーム)が勝利した。

 鞍上のM・デムーロは笑顔でインタビューに登場。2着エアスピネルとの大接戦となったレースは、およそ5分の写真判定の末に優勝が確定。「とてもうれしい。ゴールの時に(勝ったという)気持ちはあったが、分からなかったので少し緊張した。勝てて本当によかった」と安どの表情を見せた。

 大外枠から思い切った後方待機策で17年ぶりの3歳馬Vを導いた。「すごいいい馬。いつも頑張ってる」と期待に応えた愛馬をねぎらい、「これからも楽しみの馬」と古馬の壁を打ち破った3歳馬の将来性を高く評価した。

 自身はこれでJRA・G1実施機会10戦連続3着以内。そして今秋G1・4勝目で、歴代最多タイの年間6勝目を記録。「絶好調です」と“G1請負人”は充実の表情を浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年11月19日のニュース