【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】19日東京9R 関東期待の良血牝馬マウレアが無傷のV2を飾る

[ 2017年11月19日 08:00 ]

 土曜の東京スポーツ杯2歳Sは、断然1番人気に支持されたワグネリアンが3馬身差で圧勝。大物対決と騒がれたモーリスの全弟ルーカス(2着)に、現時点での完成度の差を見せつける結果となった。直線で繰り出した末脚は1頭だけ別次元で、最後は手綱を抑えて悠々とゴール。パドックでは終始小走りでテンションが高かっただけに、今後は気性面が課題になるだろうが、身体能力の高さは歴然だ。父ディープインパクトの代表産駒となり得る、超大物かもしれない。

 土曜の当欄で取り上げた東京7Rの◎ムスコローソが期待通りに快勝(相手は抜けたが…)。きょう日曜も、同馬と同じ落合幸弘オーナー&手塚師&戸崎のタッグとなる東京9R・赤松賞の◎マウレアで勝負だ。週中の美浦トレセンで取材した感触では、手塚師の感触はムスコローソよりこちらの方が断然上。同厩舎で13年の桜花賞を制したアユサンの全妹とあって期待が大きいのも事実だが、最終追い切りではいっぱいに追われたベストマッチョ(4歳オープン)に馬なりで楽々と併入。快勝した新馬戦(東京・芝1600メートル)当時より、動きも気配も格段に良化している。偉大な姉にも全く引けを取らない好素材。500万クラスはあっさり突破可能とみた。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年11月19日のニュース