2走前に◎も…マリアライトに無印「見限るの早すぎるわ、アホ!」

[ 2015年11月15日 17:18 ]

 【馬券顛末記】記者としてどれだけキャリアを積み、どれだけ取材しようとも、それが結果につながるとは限らない。しかもGIの1面予想で的中させるなんて簡単なことではない。それを万哲こと東京本社の先輩・小田哲也記者がやってのけた!

 きょうのスポニチ本紙は一部地域をのぞいて東京版も大阪版も万哲さんの予想でド派手に展開。それが◎マリアライトだったのだ。先輩とはいえ、いつも本当に腰が低い人。マリアライトが勝ったレース直後に検量室前で「おめでとうございます」と声を掛けると「ありがとう」と控えめな笑み。仕事でも酒の場でも、いつもお世話になっている人だから自分のことのようにうれしかった。

 一方、わが◎ラキシスは11着。昨年に続く連覇はならなかった。どれだけ馬券でヘコまされても、そのあとの取材と原稿に引きずってはいけない。それにしても、つらかったなあ。マリアライトは2走前のマーメイドS(2着)で◎を打ったのに今回はノーマーク。「見限るの早すぎるわ、このアホ!」と自分を責めるしかなかった。@京都競馬場(11月15日、柏原 健士)

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2015年11月15日のニュース