【東京新馬戦】1番人気ハートレーV「必ず重賞勝てる器」

[ 2015年11月15日 05:30 ]

<東京6R新馬戦>レースを制したハートレー

 14日の東京6R新馬戦(芝2000メートル)は、単勝1・5倍の1番人気ハートレー(牡=手塚、父ディープインパクト)が直線内から抜け出した。ムーアは「最初はズブいところがあったが、直線で前が空くとスパッと抜け出した。来年、必ず重賞を勝てる器」と称賛。手塚師は「距離が延びても良さそう。いったん放牧に出して次走はホープフルS(12月27日、中山)も候補」と話した。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2015年11月15日のニュース