【エ女王杯】マリアライト蛯名“京都G1完全制覇”なるか

[ 2015年11月15日 05:30 ]

 マリアライトの蛯名は京都G1と好相性。自身のG1・23勝中、京都で最多7勝(東京6勝、中山5勝、阪神4勝、中京1勝)をマーク。特に天皇賞・春は13&14年フェノーメノの連覇を含めて3勝と好成績。現存する京都G1の5競走で勝っていないのはエリザベス女王杯だけ。勝てば、安藤勝己、武豊に続く3人目の“京都G1完全制覇”となる。エリザベス女王杯は延べ11頭にこれまで騎乗し、3着4回(10&11年アパパネなど)が最高。関東が誇る名手の偉業なるかに注目だ。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2015年11月15日のニュース