【大井・黒潮盃】スマイルピース 3度目重賞挑戦で初制覇

[ 2014年8月14日 05:30 ]

黒潮盃で1番人気に応えて重賞初制覇を飾ったスマイルピース

 3歳地方交流「第48回黒潮盃」が13日、大井で行われ、1番人気スマイルピースが3度目の重賞挑戦で初制覇を飾った。06年7月に管理馬初出走の佐野謙二師(50)も初の重賞V。楢崎功祐騎手(32)は旧福山在籍時に福山ダービーなどを制しているが、13年春の大井移籍後は16度目の重賞騎乗で初勝利。中団追走、外を回って4角6番手から直線で抜け出し、東京ダービー2着馬の力を見せた。楢崎は「コーナーで置かれる面があるのでそれだけ気をつけた。直線は気持ち良かった。もっと大きいレースで活躍できる」と笑顔で振り返った。

 ◆スマイルピース 父プリサイスエンド 母エフケーサクラ(母の父キンググローリアス)牡3歳 大井・佐野謙二厩舎所属 馬主・和田博美氏 生産者・北海道新ひだか町の加野牧場 戦績12戦6勝(南関東9戦5勝) 総獲得賞金4475万円。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年8月14日のニュース