×

山里亮太 M-1決勝「どうなるんだろうね」と期待 「賞を取りに来たっていうネタを作った」コンビとは

[ 2021年12月9日 11:55 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(44)が8日深夜、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。「M-1グランプリ2021」のファイナリストについてコメントした。

 19日に決勝が行われる「M-1」について、04年準優勝の山里は「ファイナリストが出ましたね。いや驚いてんのよ。インディアンス、真空ジェシカ、モグライダー、ゆにばーす、ロングコートダディ、オズワルド、錦鯉、もも、ランジャタイ。皆気づいているよね。皆“不毛ファミリー”だよね」と話してスタジオを笑わせた。

 理由については「真空ジェシカなんかもう(TBSラジオのマイナビ)ラフターナイトでチャンピオンになって。(自身はチャンピオンライブで)MCしてたし。サプライズで番組行ってるし。何回もすれ違った時に不審者だと思って警備呼んだのも俺だし」。また「ロングコートダディは差し飲みしてるから。錦鯉さんはここで一緒にパン食べたから。ゆにばーすは男女コンビだから絶対うちらのこと見たことあるし。モグライダーはともしげ君が昔バイトしてたカラオケボックスに俺べろんべろんで行ったことあるし。インディアンスは差し飲みしてるから。マネジャーも一緒だからね」と説明した。

 オズワルドに関しては「この前ボジョパしたから。ボジョレー・ヌーヴォーパーティーしてるから。ボジョパするなんて相当じゃないとやんないから」と力説。さらに「ランジャタイは俺が好きな(千鳥の)大悟さんが面白いって言ってたから一緒」と話したが、ももについて聞かれると「桃鉄好きだし。でもすっごい面白いって」と語り笑わせた。

 「決勝どうなるんだろうね。準決勝も凄かったって聞いてるしね。これは気合入りまくっているって聞くなあ。インディアンスもきょう田渕ちゃんにたまたま局で会ったけれども、ファイナルおめでとうって言ったら、食い気味に『俺やりますよ、やりますよ』って気合みなぎってたしね」と山里。モグライダーについても「これは完全アドリブなのかなんなのかでずっと来ててめちゃくちゃ面白いって漫才をしてたから、賞レースって意外と難しいのかなと思ってたら、ちゃんと天才芝君がついに賞を取りにきたっていうネタ作ったっていう噂を聞いて、賞レース用のモグライダーになってるって聞いたんで」と期待した。

 「ゆにばーすもM-1にかける思いも爆発しまくってんのか。オズワルドも仕上がってるし、また錦鯉さんがちゃんと来てんの凄いよね。いやー凄えなどうなるんだろうね。また敗者復活枠もとんでもなく凄いじゃん」とした上で、「この凄いメンツ見てね、本当にこんだけ自分のところから巣立ってくれた…」と言いながらもちゅうちょ。「さすがに細胞がブレーキ踏み始めた。お前、恥ずかしくないのかって言って。でもみんなラフターナイトで会ってる人が多いですよ」と強調した。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月9日のニュース