東国原英夫 立民・枝野代表の「菅政権を退陣に追い込めた」にツッコミ 「そうだろうか?単なる敵失」

[ 2021年9月17日 17:01 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元衆院議員でタレントの東国原英夫(63)が17日、自身のツイッターで、菅義偉首相の退陣をめぐる立憲民主党の枝野幸男代表の発言に疑問を投げかけた。

 枝野氏は15日、結党1周年を迎えて成果を問われ、「菅政権を事実上の退陣に追い込むことができた。大きな成果だ」などと述べた。これに東国原は「そうだろうか?野党に取っては単なる敵失である」(原文まま)と、野党の成果ではなく、政権側の度重なる失策が原因と指摘した。

 自民党はこの日、告示された総裁選で新総裁を選び、フレッシュな陣容で衆院選に臨むことになる。東国原は「野党の本音は次期衆院選を支持率が下がった菅総裁で戦いたかった」と、野党側の思惑を分析。「菅総理辞任で自民党が支持率を上げ、野党が総選挙で大敗するようなら、それは枝野代表の責任であろう」と警鐘を鳴らした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月17日のニュース