小木博明 コロナ禍でリモートの家庭訪問に「楽ではある。先生もいいよね、家上がって大変だもんね」

[ 2021年9月17日 16:37 ]

「おぎやはぎ」の小木博明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(50)が、16日深夜放送のTBSラジオ「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)に出演し、家庭訪問について語った。

 放送では、学校から無くなったものを話題にトークを展開。コロナ禍の影響で、家庭訪問を廃止する学校が増えているということに、小木は「リモートでうちは(家庭訪問)何回かやったな」と明かした。「リモートの方が楽ではあるね。先生もいいよね、わざわざ来た時にお茶出して、家上がって大変だもんね。お互い気遣ってさ。リモートになってすごいいいと思う」と語った。

 学生時代の家庭訪問の思い出として「成績が悪いこととか言っちゃうんだよな、先生が」と回顧。「授業以外の生活態度とかチクってくるんだよ。そこで信頼関係ができなくなっちゃって、大人を信じれなくなって不良になっていくんだと思うよ」と持論を展開していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月17日のニュース