カンニング竹山 映画撮影現場での初体験「大変な仕事だなと分かった」

[ 2021年8月2日 14:55 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレント・カンニング竹山(50)が2日、月曜パートナーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月~木曜後1・00)で、映画撮影中での初体験について明かした。

 「ちょっと暗い話になりますけど、昨日ね、一日死んでいたんですよ」と切り出した竹山。タイトル名は明かさなかったものの、ある映画に死体役で出演することになり、現在撮影中だという。「お話がきたときに台本を見たらおもしろかったから、これやりたい!死体やりたい!となって」としつつ、「シーン自体はそんなにないんだけど俺、生まれて初めて、コントじゃない死体役をやった」と打ち明けた。

 これまでに数々の映画やドラマに出演し、俳優経験を重ねているものの、死体役は初めてのこと。撮影を振り返り、「昨日は霊安室の撮影だったから病院のガウンみたいなのを着て、死化粧をして寝ていて。そこに登場人物が入って来る悲しいシーンだったんだけど、俺は死体でセリフを覚えなくて良いし、ラクだと思っていたらこれ大変だなって。なめちゃダメよ」と吐露。「俺が演じる死体の前で、一流の役者の人たちが芝居を始めるんですよ。悲しみの芝居で役者さんたちが涙を流したりしている時に、さすがに息をしたり、腹を動かしたりできないでしょう?」。

 竹山の顔にかけられていた白い布「面布」を役者がめくるシーンでも苦労があったという。「布をめくる瞬間はおそらくカメラは俺を込みで撮っているから、そこで(息をして)ヒーヒーいってたらおかしいでしょう?だから、めくられても息を止める」とし、「そこからが勝負よ。こっちは目をつぶっていて何が行われているか分からないから(心情は)早く顔に布をかけてくれ~って。かけられてからも、細かく浅い息でね」と言及。

 「今までいろんな役者さんが死体役をやってきたと思うけど、大変な仕事だなと昨日分かった」と明かしつつ、「今度の撮影は棺桶だから。棺桶に入っている中で一流の役者さんたちがお芝居を始めるわけだから、また大変だろうなって」と、語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月2日のニュース