おぎやはぎ矢作 霊媒師と心霊スポットへ ラップ音の正体は…

[ 2021年5月6日 10:06 ]

「おぎやはぎ」の矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ「おぎやはぎ」の矢作兼(49)が5日放送のTBS「水曜日のダウンタウン」(水曜後10・00)に出演した。

 この日は、お笑いタレントの小籔千豊(47)のプレゼンターで「ヤラセ設定持ち掛けられた芸人、番組成立のためならついつい片棒担いじゃう説」を検証。VTRに入る前に、小藪が「皆さんはこの業界に入ってヤラセをあったことはありますか?」と投げかけると、パネラーゲストとして出演した矢作は「ヤラセはいっぱいありますね」と告白。

 スタジオが笑いに包まれる中、「一番僕が覚えているヤラセは霊媒師と一緒に、幽霊出るってところに見に行って」と矢作。「電話ボックスに必ず幽霊がいるって噂があって、そこに一緒に行ったら、電話ボックスからパチン、パチンって音がして、『ラップ音です!』って言うんですよ。その霊媒師、小石すげぇ投げてるんですよ」と続けた。

 「それ以降、心霊の番組は全部ウソなんだなと思うことにしています」と明かし、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月6日のニュース