椿鬼奴 夫グランジ大のシーパップ装着を報告「人は100キロ超えるとこうなる」

[ 2021年5月6日 19:41 ]

椿鬼奴
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の椿鬼奴(49)が6日、自身のインスタグラムを更新し、夫のお笑いトリオ「グランジ」の大(41)が睡眠時無呼吸症候群の治療のために使われる「シーパップ」を装着した姿の写真を投稿した。

 鬼奴は「とうとうこうなった!」とつづり「#シーパップ #人は100キロ超えるとこうなる」とつづった。シーパップは、鼻に装着したマスクから空気を送りこむもので、睡眠時無呼吸症候群の治療法に用いられている。大の所属の吉本興業のサイトによると、大は身長1メートル84、体重85キロとなっているが、実際は100キロを超えてしまったようだ。

 フォロワーからは「100キロ越えなくても私もシーパップ経験あり」「付けて寝ると楽なんですよー」などの体験談も寄せられ、また「健康のために奥様のためにも痩せましょう!」「大丈夫ですか!?」「奴さん苦労し過ぎ」「早めな対応で、良かったです」「痩せましょ。運動」などの声が上がっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年5月6日のニュース