豊島竜王VS藤井2冠 戦型は相掛かりに 第70期王将戦挑戦者決定リーグ

[ 2020年10月5日 10:21 ]

<王将戦挑戦者決定リーグ戦>対局が始まり、盤上を見つめる藤井聡太二冠(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=の対戦相手を決める挑戦者決定リーグは大阪市の関西将棋会館で5日、豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=と藤井聡太2冠(18)=王位と棋聖=の一局が午前10時に始まった。

 戦型は相掛かりとなった。藤井は今局と同じ後手での相掛かりでは、今年度3戦し、いずれも勝っている。対局開始早々から上着を脱いで前傾姿勢をとるなどすでに集中力が相当高まっているようだ。一方の豊島はいつも通り淡々と指し進めている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月5日のニュース