藤井2冠、大逆転負けで雪辱ならず「やはり実力が足りない」 豊島竜王「途中から自信がなかった」

[ 2020年10月5日 21:05 ]

<王将戦挑戦者決定リーグ戦>21時頃、感想戦で対局を振り返る豊島将之竜王(右)と藤井聡太2冠(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=の対戦相手を決める挑戦者決定リーグは5日、大阪市の関西将棋会館で1局を行い、豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=が藤井聡太2冠(18)に171手で逆転勝ちした。

 豊島はこれで藤井に通算6戦全勝となり、リーグ戦2勝とした。

 藤井は豊島から初勝利とはならず、リーグ開幕戦の羽生善治九段(50)戦での敗戦に続き連敗となった。

 ▼豊島竜王 最善の手を指せていなかった。途中から自信がなかった。最後のほうは寄せられてもしようがないかなと。ちょっと一回、後手に攻めが落ち着く形になったが、その後は正確に指せてよかったが、その後こちらもすこし間違えた。(藤井2冠は)成長されている方なので、これからは厳しくなっていくかなと。次もしっかり集中していきたい。

 ▼藤井2冠 やはり実力が足りない。厳しいスコアになってしまったが、最後まで頑張っていきたい。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月5日のニュース