おのののか 結婚祝福に「恥ずかしい」と赤面 上沼恵美子も喜び「離婚しないようにね」

[ 2020年9月13日 12:51 ]

おのののか
Photo By スポニチ

 2016年リオデジャネイロ競泳男子五輪代表の塩浦慎理(28、イトマン東進)と結婚した、がタレントのおのののか(28)が13日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。幸せいっぱいの笑顔を見せた。

 おのと塩浦は1年前に共通の知人の紹介で知り合い年明けから交際開始。9日、役所に2人そろって婚姻届を提出し、同日、SNSを通じて発表した。おのは直筆のメッセージで「いつも前向きで、周囲を明るくしてくれる彼と一緒にいる時間は、とても温かく、楽しくて、本当に幸せです」とおのろけ。塩浦は「五輪が延期してからも前向きに過ごすことができたのは彼女のおかげです」とつづった。

 この日、番組MCの上沼恵美子(65)から「光り輝いています。4日前ですか?結婚発表されました、おめでとうございます」と結婚の祝福を受けた、おのは「ありがとうございます」と照れくさそうに笑み。塩浦について紹介がなされると「恥ずかしい…同じ歳で」と赤面。自身の水泳の実力について「私は一応、泳げるんですけど、25メートル25秒ぐらいで」と回答したものの、上沼から「そんなこと言われても速いか、遅いか分からない」と痛烈なツッコミを受け、スタジオは笑いに包まれた。

 上沼からは「世間のイメージだったら、IT関係の方とか横文字のシャレた方と『結婚パーティーで知り合って…』なんて思うけど、そうではなかった。堅実な方というと語弊あるけど、良かったです。離婚しないようにね」とアドバイスを送られる場面もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月13日のニュース