「ブラタモリ」3カ月ぶり新作放送!ヨット好きのタモリが“憧れの葉山”へ

[ 2020年7月11日 17:00 ]

11日放送の「ブラタモリ」は約3カ月ぶりの新作。神奈川・葉山町を訪れる(左から)タモリ、浅野里香アナウンサー(C)NHK
Photo By 提供写真

 タモリ(74)が街をぶらぶら歩きながら知られざる歴史や魅力、人々の暮らしに迫るNHK「ブラタモリ」(土曜後7・30)は11日、「♯163 葉山」。4月18日の「♯162 奈良・飛鳥」以来、約3カ月ぶりの新作放送となる。

 今年4月11日放送分から新シーズンに突入。6代目アシスタントを務める浅野里香アナウンサー(26)が初登場し、奈良・法隆寺を訪問。しかし、新型コロナウイルスの影響により、4月25日放送分から「水の国・熊本」「京都・清水寺」「富士山スペシャル」「黒部ダムスペシャル」「釧路湿原」「福井・一乗谷」とアンコール放送をしてきた。

 日本有数のヨットの町にして、御用邸があることから皇室ゆかりの地としても有名な神奈川・葉山町に足を運び、自らもヨットを愛するタモリが「“憧れの葉山”はどうできた?」のお題に迫る。石原裕次郎も愛した葉山の海の魅力とは?ヨット乗りが憧れる葉山の海の秘密は複雑な風にあり!?入り組んだ山の地形をつくる「葉山層群」とは!?

 2015年4月に3年ぶりにレギュラー番組(第4シリーズ)として復活。桑子真帆アナウンサー(31)が3代目アシスタントを担当。16年4月から近江友里恵アナウンサー(31)が4代目、18年4月から林田理沙アナウンサー(30)が5代目を務めた。

 09年10月に第1シリーズがスタート。08年12月のパイロット版を含め、12年の第3シリーズまで久保田祐佳アナウンサー(37)が初代アシスタント。15年1月のパイロット版は首藤奈知子アナウンサー(40)が2代目を務めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月11日のニュース