滝沢カレン 結婚相手に求めるのはファンタジー性「カッパ探してもいい」

[ 2020年7月11日 14:54 ]

モデルでタレントの滝沢カレン
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの滝沢カレン(28)が、11日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜正午)にゲスト出演し、結婚観について語った。

 以前から結婚願望が強く、女性の婚姻が法的に認められる16歳での結婚を夢見ていたという。「ギリギリ16歳からお母さんになろうと思ってたんです。16歳で結婚できるって聞いてから、『絶対16歳で結婚するんだ』って。16歳の時に『絶対無理だ』と思って。『じゃあ絶対、20歳で結婚しよう』と思って。ずっとそう思ってるので。結婚は人生の夢です」と語った。

 MCの久本雅美(62)から「モテるでしょう?」と聞かれると、滝沢は「ほんとにモテません。私、誰ともしゃべらないんですよ」と断言した。「自分で壁を作ってしまうんです。この人は疑わしいんじゃないか?とか、絶対うそついてるんじゃないか?とか」と、相手への信頼感を大事にしていることを強調した。

 好きなタイプを聞かれると「見えないものを信じてくれる人」と、謎すぎる答え。久本が「『俺、小さい妖精が見えるんだ』とか?」とボケ気味に聞くと、滝沢は「そうです、そうです。そういう人好き!」と前のめり気味に答え、「(一緒に)カッパ探してもいいですし」と付け加えた。ファンタジー性にあふれる価値観に、「バイきんぐ」小峠英二(44)からは「カッパ探してるやつなんて、ロクなやつじゃねえよ。やめときな!」とツッコミを入れられていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月11日のニュース