トヨエツ&常盤貴子“リモート同窓会”「常盤さんもね、ピチピチの頃(笑)」「私、パンパンでした(笑)」

[ 2020年5月31日 14:10 ]

1995年7月期に放送され、社会現象を巻き起こす大ヒットとなったドラマ「愛していると言ってくれ」が2020年特別版として復活。“リモート同窓会”を行った主演の豊川悦司と常盤貴子(C)TBS
Photo By 提供写真

 過去ドラマの特別編放送が相次ぐ中、1995年7月期に放送され、社会現象を巻き起こす大ヒットとなったTBS金曜ドラマ「愛していると言ってくれ」が2020年特別版として本放送から25年ぶりに“復活”し、31日から4週連続オンエアが始まった。“ラブストーリーの神様”北川悦吏子氏(58)が脚本を手掛け、豊川悦司(58)と常盤貴子(48)が主演を務めた恋愛ドラマの名作。冒頭約3分半、豊川と常盤による“リモート同窓会”も放送された。

 「お久しぶりです」(2人)「変な感じですね」(常盤)「元気そうで」(豊川)とあいさつした2人。「一緒に仕事をするのは『20世紀少年』(2008~09年公開の映画3部作)以来じゃない?凄く久しぶりな感じがします」(豊川)。常盤は「この自粛中に(「愛していると言ってくれ」を)見たくなって見返してくれた方々も結構いらっしゃったみたいと聞いていたんですが、それがまたちゃんとした形で放送してくださり、まだ見ていない方々に見ていただく機会が訪れたというのは、凄くうれしい」と喜んだ。

 豊川が「常盤さんもね、もの凄くピチピチ、今でもピチピチしているけど(笑)、めちゃめちゃピチピチしていたころだからね(笑)」と水を向けると、常盤は声を上げて照れ笑い。常盤は「私、(顔が)パンパンでしたよね。東京駅のロケの時とかが、私の中でMAXパンパンの時でした」と25年前の若かりし頃を振り返った。

 常盤が「この『愛していると言ってくれ』の間、あまり寝られなかったんですよね。結構ロケが過酷じゃなかったです?」と尋ねると、豊川は「夏の撮影だったから、その夏は凄く暑くて。僕も常盤さんも走るシーンが凄く多かったから、とにかく汗だくで、走らされた思い出が一番あるけどね」と思い返した。

 「愛していると言ってくれ」(全12話)は95年(平7)7月7日~9月22日に金曜ドラマ枠(金曜午後10時)で放送。幼い頃に聴覚を失った後天性聴覚障害者の新進青年画家・榊晃次(豊川)と、アルバイトをしながら劇団に所属し演技の勉強を続けている女優の卵・水野紘子(常盤)による言葉を超えた純粋なラブストーリー。

 視聴率は全12話平均21・3%、最終回で番組最高となる28・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大ヒット。「DREAMS COME TRUE」による主題歌「LOVE LOVE LOVE」も約250万枚を売り上げ、この年のオリコンシングルランキング年間第1位となった。手話サークルへの入会者が爆発的に増えたきっかけを生んだと言われ、第33回ギャラクシー賞テレビ部門大賞も受賞。TBSのラブストーリーの決定版となった。

 今回は特別企画として、豊川と常盤によるリモート対談も実現。全4回放送される。

 ◆「愛していると言ってくれ 2020年特別版」放送日時
 5月31日(日)午後2:00~5:00
 6月 7日(日)午後2:00~5:00
 6月14日(日)午後2:00~5:00
 6月21日(日)午後2:00~5:00

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月31日のニュース