志らく SNSの誹謗中傷を無くすには「厳罰しかない」「罰金取られる、刑務所に入れられちゃう」

[ 2020年5月25日 10:32 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が25日、MCを務めるTBS「グッとラック!」(月~金曜前8・00)で、プロレスラーの木村花さん(享年22)が死去したことを受け、SNS上での誹謗(ひぼう)中傷には厳罰で取り締まるべきだと述べた。

 匿名での誹謗中傷の投稿について「そういうことする人たちっていうのは本当、想像力も無いし、理解する能力も無いし、中には人の心が無いから。いくら言葉で言っても刺さらない。これはもう厳罰するしかないんです」と主張。

 人を傷つけてはいけないことだと「やっぱり分かんない人には痛みを与えたり…それは何かというと、罪を科す。それしかないんです。こんなことすると、もの凄く罰金取られる、刑務所に入れられちゃう…じゃあよしましょうと。そうやって抑えるしかないんですよね」と持論を展開した。

 さらに「今、こう言ってる最中にもまたバァーッと私のところに攻撃してくるようなね。私もこれに関して“よしましょう”って言ったら“オマエが言うか”“何だ、このクソ芸人”…みたいなのがバンバン来ますよ。だから全部ブロックする。それだけです。ブロックすればいい、みんな」と自身の対策も紹介した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月25日のニュース