乙武洋匡氏 テレビにチクリ、誹謗中傷をネット民に責任転嫁し「自分たちは反省の色なし」

[ 2020年5月25日 21:44 ]

乙武洋匡氏
Photo By スポニチ

 作家で、元小学校教員でもある乙武洋匡氏(44)が25日、自身のツイッターで、女子プロレスラー・木村花さん(享年22)の訃報を受け問題になっているSNS上の誹謗(ひぼう)中傷についてのテレビ局の姿勢に持論を展開した。

 乙武氏は「各局ワイドショーが『SNSでの誹謗中傷よくない』という論調で放送しているようだが、『今週の標的はコイツですよ』と司令塔の役割を果たしてきたのは、どこの誰だよ」とチクリ。「すべての責任をネット民に転嫁し、自分たちは反省の色なし。どれだけ面の皮が厚いんだよ」と厳しい言葉で非難した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月25日のニュース