岡村隆史、妻夫木聡を怒らせた過去 改めて謝罪 飲み会で演技論「あれは小栗旬くんの…」

[ 2020年2月28日 11:21 ]

お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 ナインティナインの岡村隆史(49)が27日深夜放送のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。過去に飲み会で演技論を語り俳優の妻夫木聡(39)を怒らせてしまったことを改めて謝罪した。

 岡村は2015年12月の同番組で、俳優の小栗旬(37)に自宅での飲み会に誘われた時、酔いも手伝って同席していた妻夫木に演技論を語り怒らせてしまったと明かしていた。後日、お互いに謝罪したという。

 この日はリスナーから、妻夫木が23日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)で「飲みの席で演技論は大嫌い。相手からされても、そうなんですねと流す」と発言していたことが伝えられた。岡村は「これはもうブッキー、本当申し訳ない。あれはね、もうどうかしてたんでしょうね、僕がね」と平謝りした。

 その飲み会には、妻夫木をはじめ多くの俳優たちが参加していたので、「演技論とか色々話しするもんかな」と思ったという岡村。話し出すと、妻夫木から「まあ、それはいいじゃないですか」とそれとなく制されたものの、熱が入ってしまい怒らせるに至ったという。「本当にブッキー、ごめんなさい。本当に申し訳ない」と再度謝罪。続けて「あれはね、小栗旬君の作る芋のソーダ割りがちょっと濃かったんだね。それを飲んでる内になんか酔っぱらって、ちょっと言っちゃったんだね」と笑って釈明。「チンピラ芸人が何を言うてんねんって話ですから。本当に申し訳ございません」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月28日のニュース