NSC大阪校卒業イベント「大ライブ」開催 モンデンが112組の頂点、30歳ピン芸人

[ 2020年2月28日 22:06 ]

NSC大ライブ OSAKA 2020 ( 2020年2月28日    クールジャパンパーク大阪 )

優勝したモンデン(左から2人目)を祝福する(左から)前年優勝のしんや、MCの浅越ゴエ、宇都宮まき
Photo By スポニチ

 ダウンタウン、ナインティナインなど数多くのスターを輩出したNSC大阪校の在校生(大阪42期生)が総出演する卒業イベント「NSC大ライブ」が28日、大阪市のクールジャパンパーク大阪で行われ、ピン芸人のモンデン(30)が112組の頂点に立った。

 モンデンは元々NSC東京校の20期生で、卒業後1年間芸人をしていたが、3年間サラリーマンとして勤め、再度大阪校に入ってきた苦労人。昨年の「R―1ぐらんぷり」では2回戦敗退だった。昨年の同じピン芸人のグレン世紀(18)との決勝で、ちょっと鼻につく人をゲートに通さない警備員を熱演。メッセンジャーあいはらら7人の審査員中、4人の支持で接戦を制した。

 おいでやす小田(41)、ルシファー吉岡(40)ら“オッサン受け”する芸人が目標。「優勝した直後は信じられなかったんですけど、これから先、もっといろんな人にネタを見てもらえるのがすごい楽しみ」と喜びを口にし、MCを務めた浅越ゴエ(46)からも「ネタづくりにものすごい汗かいてるのが伝わってくる」と賛辞を贈られた。同じくMCの宇都宮まき(38)からは「ぜひ新喜劇にも入ってほしい。座長になるタイプのネタの作り方をしている」といきなり“スカウト”されていた。

 なお、優勝特典として今年のM―1グランプリの前説出演、読売テレビ「土曜はダメよ!」出演権などが与えられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月28日のニュース