足立梨花、トイレ紙買いだめの動きに「冷静になろうよ」「転売とか1番ありえないから!」

[ 2020年2月28日 20:23 ]

女優・足立梨花
Photo By スポニチ

 女優の足立梨花(27)が28日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクの高額転売やトイレットペーパー・ティッシュペーパーを買いだめする一部の動きがあることに「冷静になろうよ」と呼び掛けた。

 「トイレットペーパーもティッシュペーパーも品薄になってるの? ねー、みんなマスクで学んだんじゃないの? ちゃんと自分が使う分だけ買おうよ。買い占めやめようよ」と投稿。

 続けて「転売とか1番ありえないから!本当に必要としてる人に正規の値段で届くことを願う」とツイートした。

 足立の投稿にネットでは「その通り!」「自分もそう思う」「転売屋、本当に最悪」「許せないですよね」「冷静な行動が必要ですよね」などの反応があった。

 トイレットペーパーについては岡田直樹官房副長官が28日の記者会見で、現在も通常通りに生産、供給されていると指摘し「買い占めや転売などで、必要な方に届かないことがないよう協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月28日のニュース