ファーストサマーウイカの次なるビジョンは?準備も万端「月2~3万スってるんです」

[ 2020年2月28日 22:56 ]

タレントのファーストサマーウイカ
Photo By スポニチ

 女優でタレントのファーストサマーウイカ(29)が26日、関西テレビ「関ジャニ∞のジャニ勉」(水曜深夜0・25)に出演。芸能界を生き残るためのアイデアを明かした。

 ウイカは2009年に女優として芸能界デビュー。13年に女性アイドルグループ「BiS」で活動を開始するが、わずか1年で解散。その後は、女優やアイドルとして悪戦苦闘しながらも活動を続けていた。

 芸歴10年となった昨年は、そんな苦労も報われてか下半期に一気に大ブレーク。テレビ番組出演本数も過去には考えられないほどに急上昇した。しかし、芸能界の酸いも甘いもかみ分けたウイカ。浮き沈みの激しい芸能界で生き残っていくため、日々頭を悩ませていた。

 昨年は「宝塚ヘア」「コテコテ関西弁」「毒舌」といったミスマッチキャラで自身をプロデュース。ウイカは「3つのキーワードでウイカをイメージさせたら勝ち」と、意識しながら活動していた。

 今後もタレントとして活躍するためには、新たなフィールドを探し当てないといけないと考え、思いついたのが「子ども番組への進出」「ゲームセンタータレントを目指す」「格闘女子として活動」「イキリ男をイジる」といったところ。スキル的には申し分なく、戦略次第では十分“隙間”に入り込めると思わせるものばかりだった。

 中でも具体的な発言が多く見られたのが「ゲームセンタータレント」。しかも今ハヤリの“eスポーツ”のジャンルではなく、アナログな「クレーンゲーム」に特化したものだという。本人は「単純にハマっている」そうで、「月2~3万スってるんです」というほどの“猛者”となっていた。

 しかも景品は「欲しくない」という、根っからのゲーマー。「“ゴトン”て落ちる音が…『ゴトン病』て言われてるんですけど」と、景品を獲ったことで快感を感じるタイプだった。

 「(クレーンのアームがゆるくて)座ってへんやつがおるんですよ。そういうヤツを見極めて…」「ここのアームは右側が強くなってんねんな…」と、見ている部分はまさに“プロ”。ウイカは「いつか全国展開している『スポッチャ』さんとか、そういうところで、お客さんのお金で私が(景品を)獲ってあげるみたいな、最高のイベントをやりたいな」と具体的なビジョンまで語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月28日のニュース