上沼、梶原夫人“5人目妊娠”に眉ひそめる?「1億の年収…それは今後も続くか!?」

[ 2020年2月28日 20:40 ]

上沼恵美子(左)と「キングコング」梶原雄太
Photo By スポニチ

 タレントの上沼恵美子(64)が28日、自身がMCを務める関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)で、「キングコング」梶原雄太(39)相手に公開説教を行った。

 梶原の紹介時、上沼が「子ども、5人目やもんな~」とコメントすると、周囲からは祝福の嵐。しかし、上沼の反応は少々渋い顔。「5人もね…どう和歌子ちゃん」と島崎和歌子(46)に話を振ると、島崎は「本当に…(他に)やることがないのかな?」と皮肉ってみせた。

 すると上沼は「梶原さんも今はユーチューバーで1億くらいの年収はあるっていうか…」と前置きすると「それは(今後も)続くか!?」と、声を大にして梶原に問いただした。さらに「これから(5人の子どもを)中学、高校、大学、行かせるつもりでしょ?えらいことになるで…」と、梶原家の経済的負担の増加を心配。梶原も「そうですね」と上沼の意見にうなずいた。

 上沼はユーチューバーという職業が、今後“長いスパンで”稼ぎ続けることができるのかを心配している様子。梶原のテレビとラジオのレギュラーは、上沼と共演する番組が1本ずつと、心もとない状況となっていた。

 梶原の子どもが大学に行くのは10年ほど後になる。上沼は現実的なビジョンで「(10年後には)この番組(えみちゃんねる)ないしね」とポツリ。梶原は「いや、あると思います」と強く否定した。

 いくら上沼が否定しても“上沼の番組降板”はないと食い下がる梶原。上沼は「あなた、ラジオも一緒にやってるから、ほんまに食らいついてくんねん。スゴい迷惑!そこまで元気じゃない」と突き放す。さらに「産みゃ~いいってもんじゃない。この調子でいったら(子どもが)6人、7人、8人いくもん」と、梶原のパターンは見えてますと言わんばかり。“子どもをつくるのも、もう少し状況を考えてから”とお灸(きゅう)をすえていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月28日のニュース