上沼恵美子 ピン子、えなりの確執報道に「渡鬼」次回共演シーンは「ワンカットで」

[ 2019年10月20日 12:25 ]

上沼恵美子
Photo By スポニチ

 女優の泉ピン子(72)と俳優えなりかずき(34)の確執を週刊文春が報じたことについて、タレントの上沼恵美子(64)が20日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)で言及した。

 週刊文春は、TBS「渡る世間は鬼ばかり」で2015年放送の特別番組を最後にピン子とえなりによる母子の共演シーンがないことを指摘。一方で、女性セブンは、番組プロデューサーの石井ふく子さん(93)が「来年の『渡鬼』は、えなり夫妻とピン子さんの嫁姑問題がストーリーの軸になります。今起こっているのは、ドラマのための前哨戦ですよ。まぁ、来年の放送を見てください」と語っていると報じた。

 上沼は「石井さんは、そりゃ、そう言うわ、プロデューサーだもん。丸くおさめたいし」と当然の発言だとの見方を示した。

 確執があるのか、どうかを視聴者が見極めるためには、来年の放送は共演シーンを「30分くらい(カメラを)回したら、ええのにね。えなりさんとピン子さんだけのシーン。ワンカット(撮影)で」と提案。カメラは「長回し」の撮影で編集をしないシーンを要望した。

 さらに「高視聴率いくでしょうね。見たいね~」と番組制作側に呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月20日のニュース