尼神・渚 “やさぐれ”後輩女芸人とのキャラ被りに嘆き節「のうのうと出てきた」

[ 2019年10月20日 14:17 ]

「尼神インター」渚
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「尼神インター」の渚(35)が17日、日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。後輩芸人とのキャラ被りを嘆く一幕があった。

 お笑いコンビ「納言」の薄幸(26)が、風ぼうや漫才のスタイルから「渚とキャラが被ってる」「若ぇ渚じゃねえか」とネット上で指摘されていることを告白した。

 すると、渚は「関西でテレビに出た時に、近くで悪い女っていうのがいてなかったんで、お手本にする人がいなかったんで、しんどかった」と駆け出し時代を回顧しつつ「おらんかったら自分で作ったらええやんと思って、険しい道を切り開いてここまで来た」とキャラを確立するまでの苦労を語った。

 その上で「少しずつテレビに出させてもらえるようになったと思ったら、こいつがのうのうと出てきた」とまくし立て、スタジオを沸かせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月20日のニュース