前田敦子 産後ダイエットのため魚5パックをサク買い「お刺身はいくら食べてもいい」

[ 2019年9月19日 22:53 ]

女優の前田敦子
Photo By スポニチ

 元AKB48で女優の前田敦子(28)が19日、TBSのトークバラエティー「櫻井・有吉THE夜会」(木曜後10・00)に出演。産後のダイエットに関して強烈なエピソードをぶち込んできた。

 前田は今年の3月4日に第1子となる長男を出産。早めに産休に入ったせいもあって食事が楽しくなり、最終的には15キロ以上太ってしまっていたという。

 さすがにそれではマズいということで、「骨盤矯正整体」「ウォーキング(1日2時間)」など、様々なダイエットを始め、食事面でも気を使い「炭水化物は極力食べない」「刺身を食べる」といったことをやっているという。

 かかりつけの整体師から「刺身は内臓脂肪が落ちてやせる」と聞き、律儀に実行している。ただ、前田の場合は摂取のしかたが独特。映画撮影時、スーパーに行って買い込んできたのが刺身5パック。「サクで買った方がフィッシュオイルが(摂れる)」とすべてサクの状態で買ってきて、食べる時に切って食べているという。

 MCの有吉弘行(45)は画像を見て「スゴい量だよ!1キロ近くある!」と驚くばかり。“いくら痩せるとはいえ量が多すぎるのでは?”と問われると、前田は「お刺身はいくら食べてもいい、と先生が…」とあっけらかんと答えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月19日のニュース