瀬古リーダー MGC男子スタート遅れのピストルトラブルは「充電を忘れたらしい」

[ 2019年9月16日 10:06 ]

瀬古利彦氏
Photo By スポニチ

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(63)が16日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に生出演。15日に行われた東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」について語った。

 五輪選考として今回初めて導入された“一発選考レース”の男子では、スタートが約2分遅れるトラブルが発生。大会組織委員会は、号砲を鳴らすピストルがスタート2分前に異常を示したため、予備のピストルに交換し、スタートが遅れたと説明していたが、瀬古氏は「充電を忘れたらしい」と暴露。「バンっていうのは電気でやるんですよ。あり得ないですね。前代未聞ですよね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月16日のニュース