ボウケンイエロー中村知世、芸能界引退を発表 「前向きな決断」ファンに感謝のメッセージ

[ 2019年9月16日 15:22 ]

中村知世(2011年撮影)
Photo By スポニチ

 2006年のテレビ朝日「轟轟戦隊ボウケンジャー」のボウケンイエロー役などで知られる元グラビアアイドルでタレントの中村知世(33)が16日、ツイッターで芸能活動を引退すると発表。「前向きな決断です。感謝しかありません。本当にありがとうございました。ずっとずっと大好きです」と投稿した。

 「ファンの皆さんへ この度、中村知世は2019年8月末日をもって芸能活動を引退いたしましたことをご報告いたします」と報告した。

 中村は18年に3歳年上の一般男性と結婚。同年8月に第1子となる男児を出産している。ブログでは「高校生のとき、世間知らずで、怖いものも失うものもなく、勢いで飛び込んだ世界でした。そしてここ数年、守るべきものが増え、臆病になり、なかなか発信もできずにいました」と告白。

 「中途半端なわたしを、いつでも応援してくだる皆さん。わたしは、人が好きで好きで仕方がないのが欠点です。せっかく自分を好きになってくださった皆さんを失うのが怖くて、もう何年も活動はしてないのに、ずっと引き留めて居たかった。本当にごめんなさい。芸も能もないわたしですが、ファンの皆さんと出会えたことは、運だけは持っていたのかなと思います。初めてファンレターをもらった日のことも鮮明に覚えています。たくさん夢を見させてくださって、ここまで連れてきてくださった皆さん、本当にありがとうございます。皆さんとの思い出は一生の宝ものです。忘れません」とファンに感謝の思いをつづった。

 中村は03年、映画「スウィングガールズ」で映画初出演し、デビュー。06年に「轟轟戦隊ボウケンジャー」で間宮菜月・ボウケンイエロー役を務めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月16日のニュース